,

商談表を作る


商談表を作る

法人営業をする会社には「商談表」が必要です

会社の年商を50で割ると1週間の売り上げ目標になります

その1週間の目標がどのくらいし進んでいるかを
週間商談表として作ることをすすめいてます

営業マン個人が作成し、チームでまとめ全社でまとめます
企業名、担当者、受注予想金額、決定時期、決定要因
などを入れて一覧表を作るのです

毎週の商談の進捗状況がわかるようになり
月末になって「どうして今月は売上げがいかないんだ!」
ということがなくなります

本来は、「日次」で売上げ、商談管理をしたいところですが
現実はなかなか大変ですので

「週次」で受注と商談の進捗状況が
見えるようにしておきたいものです

それによって、営業の動きが見るようになってきます

経営とは顧客の創造

営業現場、顧客で何が起こっているのか?
を社長が把握しておく必要があると言っています