,

商談表の使い方

商談表の使い方

商談表を作り全社の商談が一覧で
見えるようになったら次にどうするのか?

毎週の営業会議をやる場合の進め方

@担当営業から上位3つの商談を確認する
80:20の法則に基づく

受注金額は大きいか?、受注確度の高さは?
今週変化があった商談か?
などを目安にみる

Aその商談を受注するにはどうしたらいいのか?

その際にはBANTの法則です
バジェット、オーソリティ、ニーズ、タイミング
の頭文字がBANTになります

Bつまり
予算
決裁者
必要性(決定要因)
タイミング・時期
について確認します

Cさらに
その商談は今週どう動き
その時どう感じ
これからどうするのか?
を確認します

つまり、実行した振り返りと計画
PDCになります

Dそして、今後の課題を明確にしておくことです
次の計画を立てる際に役立ちます