,

スーパーアクティブラーニングとは?

 

スーパーアクティブラーニングとは

・超能動型

・全員参加型 


の学習方法 

通常の講演、研修より3倍以上パワフルで効果的!

 

アクティブラーニングとは、「能動的な学習」のこと

教える側が一方的に話す講義ではなく、参加者が能動的な活動をするもの

参考

ラーニングピラミッド 講義内容記憶率(学習定着率)

講義 =5%

読書 =10%

視聴覚=20%

実演 =30%

議論 =50%

体験 =75%

教える=90%

ラーニングピラミッド.jpg

 

従来の日本型の講義を受ける形式より

討議し、自ら体験し、人に教えることで10倍〜20倍の記憶率となる


アメリカ国立訓練所(National Training Laboratories)データより

 

■そしてスーパーアクティブラーニングとは

アクティブラーニングをさらに高度に進化させた学習効果を高める方法

 

経営者や上場企業のエグゼクティブ向けのトレーニングで高い成果を出している

学生への講義ではなく、実務で成果を出す必要のあるビジネスマンに評価が高い

 

スーパーアクティブラーニングの特徴は

・2人1組で行う

・1分サイクルで行う

・読み、書き、そろばん、話す、聞くを繰り返す


スーパーアクティブラーニングの具体的な進め方は

・講師からの情報提供、メッセージ (数分)

・受講者が書く(1分)

・話す    (1分)

・聞く    (1分)

・書く    (1分)

を繰り返す

その後、3〜4人一組のグループでシェア、情報交換する

スーパーアクティブラーニングでの話し方の特徴

・事実・感想・決意を言う

・具体的に数字を入れる

事実・感想・決意を言うことで、PDCサイクルを回すことになる


差別化が必要と学んだ(事実)

その通りだと思った(感想)

明日の12時までに1つ書き出して3人に話す(決意)


と、1分で書き出し、1分で人に話すことで内容をより整理してゆく

聴く側も相手の話す内容からヒントを得て、学ぶことになる


具体的に数字を入れることで、ビジネス感覚が身につく

一流企業のビジネスマンでさえ、はじめは決意に数字を入れられない


例えば、「がんばります」としか言わなければ

決意ではなく、ただのスローガン


決意とは数字で振り返れるものであり

スローガンとは気分が良くなるただの掛け声


決意はSMARTの法則に沿っていうことが必要

 

スーパーアクティブラーニングのメリットは

 

超能動的な学習なので

・積極性が生まれる

・記憶率が高まる

・集中力が高まる

・限られた時間を活用できる

・まったく眠れない

・参加者の満足度が高くなる


・参加者同士のヨコのつながりができる

・なので、楽しい


これにより、「仕事で成果が出やすくなる」


スーパーアクティブラーニング方式で学び始めると

脳の活性化の度合いが5〜10倍は違うので


一般的な講義がつまらなく感じてしまうことが多くなります


スーパーアクティブラーニングで学ぶことで

脳を活性化し、楽しく学び、生産性を高めることができます


3〜4人一組のグループでシェア、情報交換する理由は

90〜120分ごとに振り返るためです


一般的な講義や研修ではPDCサイクルで学びません

具体的には、振り返りや決意をやらないのです


スーパーアクティブラーニングでは


@5分のメッセージ毎に事実、感想、決意、具体例、数字で振り返る

A90〜120分ごとに、振り返る(PDCする)


B必ず、3つの決意を書き出し、グループで発表する

C1日が終わると、24時間以内に、振り返りメモを10以上提出する(PDCする)


つまり


・1日の中で何十回もPDCを回し続け、記録をとり、発表し続ける

・24時間以内に、必ず、振り返りメモを10以上提出


・1ヶ月間、自分の決意を実行する

・1ヶ月後に、どれがどのくらいできたか、また、振り返る


・自己採点する

・なので、空理空論ではなく、実務に直結するわけです


自分の仕事、人生をよくするための項目を


自分で決め

毎日、実行し

毎日、振り返る


当たり前だけれども

できていないことをやる習慣をつくる


これにより

自立性、主体性、継続性、を身につけます


楽しく、生産性が上がる

スーパーアクティブラーニングで学ぶことをおすすめします