,

5W2H報告書 企画書 書き方の例

5W2H報告書 企画書 書き方の例

 

5W2Hとは

いつ、どこ、だれ、なに、どう、なぜ、いくら

When、Where、Who、What、How、Why、How much

 

5W2H報告書 書き方の例では、

いつ、どこ、だれ、なに、どう、なぜ、いくらを入れます

 

覚え方としては、桃太郎です


昔々、あるところに、おじいさんとおばあさんがいました

@いつ、どこで =状況設定


おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に

Aだれが、なにを、どうした =物語が始まる


Bなぜ、いくら、と続く

なせ、いくらは、ビジネスをするときに、とても重要な項目ですが

桃太郎のような昔話には、あまり出てこない


ここが、昔話とビジネスの違い

なせ、いくら=理由と値段の2つ Why、How much

 

さらに大切なのは、5W2H報告書、書き方の例では

具体的に数字を入れること

例えば、「昨日行きました」ではよくわからない

 

2018年4月17日(火)13時に行きました

と、5W2Hの報告書では具体的な数字を入れて書く(話す)

 

いつ =2018年4月17日(火)13時に

どこ =銀座数寄屋橋交差点角の東急プラザ銀座1Fで


だれ =私が、東急プラザ銀座のスズキ社長に

なに =会って

どう =出店の価格交渉をした


なぜ =費用が高いので安くしてもらうため

いくら =坪10万円を坪7万円に


という書き方 

これは5W2H報告書、過去についての書き方、文章の例

 
 
5W2H報告書でも企画書や未来についての文章の例は少し違います 

来週の会議の案内であれば、5W2H報告書は上記の順番でいい  つまり、いつ、どこ、だれ、なに、どう、なぜ、いくらがいい  しかし、5W2Hで新しい企画を説明する場合には

 
 
なぜ   Why 

なにを  What  

どう   How

 
 
が大切になります 
つぎに

だれ   Who 

いくら  How much

 
 
どういうことかと言うと 

5W2Hの書類をつくるときに、
その企画は「なぜやるのか?」  この根本の目的、理由が間違っていると


その次の、  

なにを(What)
 
どう(How)


が合っていても方向が間違ってしまうからです


例えば、売り上げを上げることを目的とする場合と 

利益を上げることを目的とする場合では

 

なにを、どうするかが違ってくる 

 
しかし、多くの場合は

5W2Hでのどう(How)やるか 

ばかりに目が行きがちになる 

 
そうではなく

5W2Hの書類の中でも 

 

@なぜ(Why)をハッキリさせてから  

Aなにを(What)をやるかを決め

Bどう(How)やるかを決めることが重要


5W2Hで企画、未来のことを決める時は 

この順番を間違えないことを意識するといい 


5W2H報告書、企画書の文章例の参考として

 

 

5W2Hとは?