,

薬剤師を採用する際にゼッタイに押さえておきたいポイントとは


★薬剤師を採用する際にゼッタイに押さえておきたいポイントとは

この文章は下記のような方に向けて書いています


★調剤薬局を経営され、薬剤師の採用に困っている方

★とらばーゆに求人広告を出したものの
 電話の一本も鳴らずにがっかりしている方

★薬剤師の採用に困ってはいないが
 どうすればもっと良い薬剤師を採用できるかと思っている方

★薬剤師を採用はしたものの定着率が悪くて悩んでいる方

★薬剤師ってわがままで困るんだよなー、と思っている方



●薬剤師の採用って難しいですよね
100万円も広告費用を使っても採用できない

紹介会社に頼んで50万円かけて採用したら
あっという間に辞めていなくなっちゃったり

●それなら良いほうで、はじめはよかったけど、
長くいたら使えない人だとわかったり

辞めてもらおうとしても辞めてくれなかったり
それは、もう、大変です

●経営者のみなさんは同じように苦労されています
なんでかなー・・ウチばっかり苦労して・・

そう思いたくもなります
でも、情報を集め、知恵をつけることはできます


そこで薬剤師の背景にちょっとふれると・・



●薬剤師さんって理系の人ですよね
しっかりしています
そして学校での授業も忙しく、就職貴族です
品のいい人が多い

●一方で、社会に出て就職する際に文系の学生ほどもまれない
社会との接点が少ないんです

●文系の方でも誰でもそういう傾向はありますが
就職に困らないので、なんとなく就職しちゃう人も
多いかもしれません

●社会人になって、恋愛、結婚、出産と社会と接点を持つと
薬剤師の中だけの世界から視野が広がります

●しかし、世間一般の職業と比べると
「特殊な職業」ですから採用する方のご苦労も多いと思います

●まず、集まらない

●採用費用が高い

免許が欲しいのでとりあえず採用する
でも出社日に来ない
そして、連絡もしてこない

●なんなんだこれーーー?

そう・・

●そういう薬剤師の出現率が高いので困っている
病院、調剤薬局経営者は多いと思います

●「でも、しょっちゅうだから仕方がないよ」
なんて、あきらめてませんか?


・・・・・


●そこで、薬剤師の採用がうまくいく方法が
あるとしたら知ってみたいと思いませんか?

100%成功する方法があるとしたら・・
でもやっぱり、そんなうまい方法はありませんよね

しかし、今までの数倍、「採用効率を高める方法」
があるとしたらいかがでしょうか?



●じつは、薬剤師の採用をするときに気をつける
ポイントが二つあるんです

それは

@通常の採用の際に気をつけるポイント
A薬剤師の採用の際に気をつけるポイント
(薬剤師の特有の事情)


この二つです


●@通常の採用の際に気をつけるポイント

これは戦略的採用をする際に絶対に押さえておきたい
7つのポイント

というものがあります

●具体的な例を少しあげると・・・

採用戦略のシナリオを描く
求める人材像を明確に「言語化する」
発信メッセージの検討・・・

などです

上場している大手企業では当たり前のようにしていますが
中堅中小企業さんではなかなか知られていないものです



●そしてもう一つは

A薬剤師の採用の際に気をつけるポイント

これは薬剤師特有の事情です


●薬剤師の就業先はご存知の通り、下記のようになっています

・調剤薬局            39%
・病院・診療所          24%
・製薬メーカー・ドラッグストア  22%
・その他             15%


●薬剤師という資格は同じなのですが、
就業先によってする仕事が全く違うのです

●調剤薬局ならば、調剤・服薬指導など
製薬メーカーのCRA(モニター)になったら
GCPと呼ばれる医薬品の臨床試験の実施の基準に
そった仕事

ドラックストアでは販売やOTCの服薬指導など
・・・


●通常、文系の人の就職先の企業では職種は少なく
営業、企画、総務、経理・・・

仕事内容は違うといっても配属されれば何とかなります


●ところが、病院では

医師、看護士、薬剤師、臨床検査技師など、
職種の仕事自体が全く違い、

他の職種からの職種変更が非常に難しい

●免許の問題もあり、
医師が看護士の仕事をすることはほぼ不可能です

●医薬の業務ではこういった専門性が問われます


●そういった専門性の高い職種に属する
薬剤師の採用の際には気をつけなければならない
ポイントがいくつかあります


●では、採用する際にゼッタイに確認しなければならない
3つのポイントとは何か?

●驚くほど就業率が高まる面談の仕方とは?

●面談をする際に持たなくてはならない2つの視点とは?


●そういったポイントを知ることが大切です
そして、それを理解し、実行する

何度も繰り返し、実行し、はじめてできるようになる
そして、社員や同業の他社の方に話せるようになる


●そのレベルまでいくと採用が驚くほど楽しく、
上手くなります


ダントツで他社を追い越せる採用

楽しみですね






●株式会社 フォスターワンでは


●薬剤師との面談数1000人をこえる実績
薬剤師の派遣会社を立ち上げて、3年で数億円の利益を出した実績

●薬剤師の採用に数千万円のお金を使って
たくさんの失敗をした実績

数百万円を広告に使って、一人も採用できなかった失敗など

採用にかかわる仕事を10年以上する間に

●ゼッタイ外せない求人広告の3つのポイント
これを知っていれば反応が倍になる魔法のコピーライティング
知らないではすまされない自社のポジションの取り方

などのノウハウを作り上げてきました


では、それはいったいどんなものなのか?




●全体のコンセプトを作り、階段を一つづつ上がっていきながら
結果を出すことをお手伝いする会社として

株式会社 フォスターワンは存在します





●いまなら無料相談を受け付けています  終了しました

3年で数億円の利益を出した実績をベースとした

効果的な薬剤師採用の仕方
自社の分りやすい訴求の仕方

より長く薬剤師・社員に働いてもらえる会社作り

に関わるノウハウにご興味がある企業様は、
下記メールアドレスにお問い合わせ下さい

お問い合わせ頂いた全社にお答えができかねる場合がありますが
ご了承ください


sakauejj@yahoo.co.jp