,

「社員はみな偉い」松下幸之助


【 陰ひなた ない男ほど 影薄い 】

正直者は浮かばれないのかなあ〜と、つぶやきたくなる、さかうえひとしです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
               一流でNO1、卓越性を追及するフォスターワン

■「社員はみな偉い」松下幸之助

世間の多くの会社を見てみると、あるいはうちの得意先を見てみると、そこには立派な社長もおれば専務もおられるのに、うまくいかないところがある。


うまくいかないところは、「自分の会社の社員というものはみなあかん、間に合わん。困ってるのや」ということを訴える。


そういうところはなかなかうまくいかない。


しかし、「いや松下さん、うちの社員はみな偉いですわ。私より偉うおますわ」と言う社長の会社はうまくいく、そうなっています。


そういうことが言えるかどうかということですな。


■「『宇宙の意志』と調和する心」稲盛和夫

世の中の現象を見ると、宇宙における物質の生成、生命の誕生、そしてその進化の過程は偶然の産物ではなく、そこには必然性があると考えざるを得ません。


この世には、すべてのものを進化発展させていく流れがあります。これは「宇宙の意志」というべきものです。
この「字宙の意志」は、愛と誠と調和に満ち満ちています。


そして私たち一人一人の思いが発するエネルギーと、この「宇宙の意志」とが同調するのか、反発しあうのかによってその人の運命が決まってきます。


字宙の流れと同調し、調和をするようなきれいな心で描く美しい思いをもつことによって、運命も明るくひらけていくのです。


■「正しい生き方」鍵山秀三郎

我を張って何がしかの物を手に入れたり、自分の義務を怠って難を逃れたとしても、長い目で見るとけっしてよいことはありません。


できることならそのような生き方はしないほうがいいと思います。

いつも上手に立ち回り、いいとこ取りだけが身につきますと、貧相な人間になります。


人から顰蹙を買うだけです。


■「腐った強い者ほど組織を腐らせる者はいない」P・F・ドラッカー

人事に秀でた者は、人事考課を工夫する。期待すべき貢献を考え、実際の貢献と比較する。人事考課のための四つの問いを投げかける。


第一によくやった仕事は何か、したがって第二によくできそうな仕事は何か、
第三に強みを十二分に発揮させるには何を身につけさせなければならないか、第四にその下でわが子を働かせたいかである。


この人事考課は厳しく人を見る。

強みに焦点を合わせる。

弱みは、強みを発揮し成果をあげるうえでの制約としてのみ捉える。


強みに直接関係のない考課項目は第四のものだけである。

優秀な若者は強い上司をまねたがる。


したがって、腐った強い者ほど組織を腐らせる者はいない。

これは、それだけで人を失格にする唯一の弱みである。


■ランチェスター戦略3つの結論、1位とNO1の違い

ランチェスター戦略における重要な結論が3つあります。
@ナンバーワン(NO1)主義A足下の敵(そっかのてき)攻撃の原則B一点集中主義の3つです。


ランチェスター戦略では、NO1の意味が一般的な使い方とは違います。
普通、NO1と1位は同じ意味で使いますが、ランチェスター戦略では、NO1とは2位を射程距離圏外に引き離しているダントツの1位のことです。


2位より売り上げが10円だけ多いというような、なんちゃって1位ではランチェスター戦略ではNO1とは言えないのです。


ランチェスター戦略では、目指すものがNO1。つまり、2位に局地戦では3倍の差をつけて、圧倒的に勝つダントツのNO1を目指すのです。
ここが最も大切なところの一つになります

ランチェスターNo.1理論」坂上仁志(さかうえひとし)著より  


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■一流になるために

うちの社員はみな偉い、と言っているだろうか?
愛と誠と調和に満ちた「宇宙の意志」と調和しているだろうか?


自分だけうまく立ち回る人生になっていないだろうか?
その人の下でわが子を働かせたい、と思う人を昇進させているか?

■今日、一つだけ、やってみよう!

ダントツNO1を目指してみよう!


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


■「経営には哲学(フィロソフィ)が必要である」稲盛和夫


このメルマガの文章をベースにフィロソフィを学び、自分のものとするためのスーパーアクティブラーニングフィールド
メルマガを読んで、いい話を知るだけではなくいつもと違う場に、足を運んでみてください


「心を浄化する」「気づきを得る」「人間力を高める」【 フィロソフィ勉強会 】はこちら



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■おわりに

ノバクジョコビッチ選手、USオープンテニス優勝おめでとうございます!!
グランドスラム10回目、今年のグランドスラム4つのうち3つ優勝!そして、優勝賞金4億6000万円


世界NO1のジョコビッチとNO2のフェデラーの試合は本当に息が詰まるような素晴らしい試合でした
グランドスラム優勝回数1位(17回)のフェデラーとそして現在の世界ランキング1位のジョコビッチ


結果的には3-1でジョコビッチの底力が勝り、横綱相撲ともいえました
ストロークの技術の高さ、フットワークなどフィジカルの強さそして、0-40から逆転してゆくメンタルの強さ
すべてが世界NO1と言えますやっぱり、NO1はいいです


心技体のすべてがそろった本物のNO1には、感動します!!

でも、2週間で4億6000万円って、サラリーマンが30年かかっても稼げないのに・・・

そして・・・
京セラの稲盛和夫氏主催の盛和塾世界大会が2015年、9月15日(火)16日(水)とパシフィコ横浜で開催されます
81塾9,300名(2015年4月)の塾生の内、約4000人の経営者が集まり経営の神髄を学びます


「経営の要諦は、トップの持つ心にある」
心を高め経営を伸ばす、フィロソフィを学ぶ場です


経営者の方へ


盛和塾についてご興味があればお気軽にお問い合わせください
報道ステーションでの稲盛和夫氏の動画 2015年9月7日

稲盛和夫氏の書籍は累計1000万部!ふつう、100万部売れるとベストセラーと呼ばれますがその10倍です


ベストセラー参考
ノルウェイの森  1000万部

アンパンマン   5000万部

ワンピース   3億2000万部

シェイクスピア 20億部
経営者が書いた本としてはNO1と言えます


よきことを思いよきことをして
よきことがありますように!!

では、また!