,

一流でナンバーワンシリーズ テニス 挨拶でナンバーワン

一流でナンバーワンシリーズ テニス

 

私が今のテニスクラブでナンバーワンであることが3つあります

 

1つ目は、「挨拶でナンバーワン

2つ目は、「ボール拾いでナンバーワン

3つ目は、「ニューボールを出すのでナンバーワン



一つ目は、「挨拶でナンバーワン」

テニスクラブの中でとにかく、
一番たくさんの人に、一番きちんと挨拶をする

それがナンバーワンです(笑)

「朝の挨拶人より先に」森信三

と言う言葉を10年以上前に学んでから、
一生、実践ししてみようと思ったからです

「朝の挨拶人より先に」

この言葉は何でもない言葉のようですが
非常に素晴らしい言葉です

とても具体的で
とてもわかりやすいからです

この言葉通りなのですが、
朝の挨拶は、人より先にしなさい、ということです

これはつまり、「相手を選ぶな」という事でもあるのです
その意味は、「駆け引きをするな」という事でもあります

誰にでもあると思うのですが、
この人には挨拶をする、でもあの人には挨拶をしない

という駆け引きを
自分の心の中でしてしまう場合が多いのです

しかし、この人を選ぶ、駆け引きをすると言う行為は、
結果的に自分の心を汚す行為なのです

そっちがそう来るなら、こっちはこうするよ
というように、損か得かという物差しで

物事を図っていこうとすることが
結果的に自分の心を乱すことになる

そうではなく、誰に対しても選ぶことなく、差別することなく
気持ちの良い挨拶をしてみる、ということです

これは、言うのは簡単ですがやるのがとても難しい
つまり、一つの修行です

でも、実際にはやる人が少ないので
今のテニスクラブでは、

3年間ずっと続けている、私がナンバーワン

どんな小さな領域でもいいので
ナンバーワンになる

という、ランチェスター戦略の実践です
やっぱり、3年やると一つの形になります

で、あとの2つはまた、お話しさせて頂きますね