,

年末大掃除のコツ2 すべて、一度、出す

 

前回、年末大掃除のコツを1つお話ししましたら

スグにやって、サッパリした!

 

とご連絡いただき嬉しかったので

掃除のコツをもう一つ(笑)

 

それは

 

【 引き出しや押し入れの中のものは、すべて一度、全部出す 】です

 

言われれば、ごく普通のことですが

実は、とっても大切なことなんです

 

理由は、中途半端にやると、余計に時間がかかるからです

例えば、服が入っているタンスの引き出し

 

チョロッと引き出しをあけて

 

「ど〜しようかな〜」

「捨てようかな〜、とっておこうかな〜」

 

などと、悩んでいる時間がもったいないのです

出したり入れたりして、結局、片付かないことが多い

 

なので、とにかく、手をつけてやることが大切

 

そのためには、

 

1.引き出しそのものを、いったん取り出し床に置く

 

2.中のものを、全部取り出す

 

3.手元に引き寄せながら、要る、要らないを判断してゆく

 

4.判断の基準は、迷ったら捨てる(ときめくかどうか、も、あり)

 

5.1年以上使っていないもの、新しいものにしたほうがいいもの、は捨てる

 

6.要るものを引き出しに戻す(半分にする、を目標にする、など)

 

タンスでも、押し入れでも、本棚でも

この、「一回、全部出す」というのが大切なんです

 

「ああ、そう・・・」ではなく

今月中に実際にやることが、なによりも重要です

 

つまり、やるか、やらないかです

 

経営でも人生でも、捨てないとダメです

新しい、良い運気は、入ってきません

 

捨てないとは、人間でいうと、便秘の状態

運気が滞り、体に悪いです

 

思いつきで買ってしまい

着もしない服を捨てられない社長に

 

思いつきで初めてしまった事業を

止めることはできません

 

ズルズルと引きずって

傷口を広げるだけです

 

私生活がピシッとしている人は

仕事も経営もピシッとしています

 

なので、掃除も仕事も

実践あるのみ!

 

ピシッ!といきましょう!

 

今月やらないと、もう来年の年末までやらないので・・・

気をつけてくださいね(笑)

 

がんばってください!

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

ランチェスターを学びたかったら掃除をしなさい!

と言っています


じつは、掃除こそがランチェスター戦略を一番身近に学べるものなのです

 

なぜなら、徹底こそが差別化になる

徹底して掃除をすることが差別化となるからです

 

そして、ランチェスター戦略の特徴である「やらない決断」とは

いらないものを「捨てる」ことです

 

つまり、掃除、整理整頓、片づけとは

ランチェスター戦略の一点集中 =やらない決断 =捨てるそのものなのです。

 

だから、掃除をすることがランチェスター戦略につながっているのです

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

大掃除のコツ 1 毎日、触れているものを捨てる、新しくする

 

大掃除のコツ 2 すべて、一度、出す

 

大掃除のコツ 3 時間と範囲を決める

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−