,

NO1 企業例

NO1

NO1(ナンバーワン) 世界一

NO1 ランチェスター戦略の基本はNO1戦略
NO1であることが重要です

ランチェスターNo.1理論で書いたように弱者は【差別化】して【一点集中】して【NO1】!

NO1(ナンバーワン)といえば、ランチェスターNO1戦略です

ダイヤモンド社から出版した「ランチェスターNo.1理論」では
NO1(ナンバーワン)の視点やNO1(ナンバーワン)のなり方についてもお話しています


実は、ビジネスではNO1でなければ生き残れません
日本も国の戦略がNO1戦略であるべきなのです

日本企業の戦略としても
自社の強みを生かせるニッチな市場を見つけ

あくまでも顧客志向で自社のレベルアップをしてゆくことが
日本企業が世界で戦えるカギとなります

ニッチトップ=小さな市場でトップになる
ランチェスター戦略のシェア理論では市場の25%以上のシェアをとることです

これがNO1戦略
あくまでもNO1になることを目指すのです

日本のスポーツでも
女子フィギアスケートの浅田真央、サッカーのなでしこジャパン、水泳の北島康介など
NO1=金メダルの人には誰でも注目します

しかし、世界4位だとまったく注目されないのです
だから、NO1(ナンバーワン)にならないといけない

4位が悪いわけではないのです
4位にも価値はあります

しかし、人が注目し、経済価値が高いのはNO1(ナンバーワン)なのです
NO1(ナンバーワン)は2位の2倍以上の価値があるのです

だから、「どんな小さなところでもいいので」NO1(ナンバーワン)になることです
これが、ニッチトップ=小さな市場でトップになることです

NO1企業の例

日本には世界で通用するNO1(ナンバーワン)企業が実はたくさんあります
NO1(ナンバーワン)の専門であるランチェスター戦略の視点から
いくつかご紹介します

企業名    商品     世界シェア

日本ガイシ NAS電池     100%
任天堂   DS        70%
キヤノン  レーザープリンタ 56%

コミー   小型凸面鏡    80%
オリンパス 内視鏡      75%
SHOEI    高級ヘルメット  50%

ディスコ  ダイサー     80%
ワコム   ペンタブレット  80%
フェローテック 真空シール  70%

堀場製作所 排ガス測定装置  80%
日プラ   水族館用パネル  75%
ファナック 工作機械NC装置  60%


日本も企業も個人でもNO1(ナンバーワン)戦略が重要です
NO1戦略=ランチェスター戦略こそが生き残りの道

ランチェスター戦略でNO1(ナンバーワン)になりましょう

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

差別化戦略

一点集中

NO1主義

NO1企業例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


参考情報

「ランチェスター経営戦略」 http://tinyurl.com/mtfd2s 
「ランチェスター営業戦略」 http://tinyurl.com/ced7bzl

ランチェスター経営戦略研究会
http://www.facebook.com/LanchesterStrategyWorkshop