,

瞑想のやり方とは?

瞑想のやり方とは?

瞑想とは、何かに心を集中させること
瞑想の目的は心身の静かさを取りもどすこと、意識のレベルを高めること


瞑想のやり方
リラックスする姿勢、背筋を伸ばして座る、軽く目を閉じる、息を鼻からなが〜く吸って、口からなが〜く吐く、心を静める、静かな環境がいい(うるさくない場所)

瞑想の時間は短くてもいい、15〜20分が一般的、座禅の場合は1柱=線香1本分、45分

瞑想のコツは、1回の呼吸に精神を集中し、数を数えること
座禅の場合は、「ひと〜つ、ふた〜つ」と数をゆっくり数えるやり方がある


瞑想の誤解は、心を無にしなければならないということ
瞑想に失敗はない、瞑想中に雑念が出てきてもいい、それを受け止めること

逆に、忙しいビジネスマンの場合は、心から湧き出る様々な思いを出し切ってしまうと考えた方がいいともいえる

瞑想の効用は、毎日やることで集中力を高められること、心身がリラックスすること、気づく能力が高められ目の前の出会いやチャンスに気づくようになること
瞑想は脳の集中力を高めるエクササイズともいえる

瞑想に必要なものは「ない」

仏教における瞑想法では、意識の深層へと到達することを目的としたものがあり阿頼耶識への到達をめざす
阿頼耶識とは、心理学での深層心理ともいえる

横になってやる、立ったままやる、歩きながらやるという瞑想法もあるが、まずは座ってやる方法からがいい

瞑想の呼吸法は、カンタンに

「ゆ〜っくり吐いて、ゆ〜っくり吸う」が一番いい (呼吸とは、吐いて、吸うことなので吐くのが先)

吐く時間は吸う時間の2倍
吸ったら呼吸を止める
という方法もある

ゆっくりと息を吐ききる
鼻から3秒かけて息を吸う
6秒間息を止める
6秒かけてゆっくり息を鼻から吐ききる(数時間の2倍にする)など

仏像を頭の中でイメージする方法や、お経(マントラ)を唱える瞑想もある

 

 

 


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

瞑想のやり方とは?

座禅のやり方とは? 座禅の考え方

輪廻転生とは? 輪廻転生の本当の意味とは?
前世とは?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−