,

輪廻転生とは? 輪廻転生の本当の意味とは?

輪廻転生とは、死んであの世に還った霊魂(魂)が、この世に何度も生まれ変わってくることをいう

輪廻(りんね)とは、人が何度も転生し、生まれ変わること、そう考える思想のこと
人は人にしか輪廻転生しない、人は動物にも輪廻転生する、という2つの考え方がある

転生とは、主に仏教において用いられる思想で、死後に別の存在として生まれ変わること
キリスト教における復活とは異なる概念

転生する前の生のことを前世、いまを今生、転生後を来世という


輪廻転生の意味

仮に輪廻転生があるとした場合
輪廻転生の考え方が人の考え方に変化を起こさせるポイント


「すべての人生は自分が決めている」

「今世の出来事は過去世の結果」
「来世は今世の思考と行動で決まる」

「すべての出来事は必然、最善」
「人にされることは、自分がしてきたこと」

「他人のせいにしてはいけない」
「自分の思考と行動がカルマをつくる」

「試練は過去の業をはらすためのもの」
「自分の人生は変えることができる」



輪廻転生に関わる人たち

イアン・スティーヴンソン「生まれ変わり現象」の研究者 前世の記憶を持つとされる子どもたちの事例を2300例ほど集めている 主として2歳から5歳までの間に「前世の記憶をよみがえらせた」子供とその関係者が研究対象 参考図書:前世を記憶する子供たち

アメリカ合衆国の精神科医、ブライアン・L・ワイス博士 催眠療法中に「前世記憶」を発見 "Life Between Life" 前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)
トロント大学医学部のジョエル・ホイットンは、退行催眠により前世の記憶を聞きだし、輪廻転生の研究を行った

スウェーデンボルグ 霊界を見て来たと言う多くの著書で有名、大英博物館に保管される
エドガー・ケイシー リーディングと呼ばれる催眠状態における口述が1万4千件ある、人生、輪廻転生、医師でもないのにリーディングによって病気を治療した「20世紀最大の奇跡の人」と呼ばれる
 
アカシックレコードと呼ばれる宇宙の図書館から情報を読む 
ケイシー・リーディングの功績は、輪廻転生の事実ならびに、それを支配するカルマの法則(因果律)の存在を明らかにしたこと

ダライラマ14世、チベット仏教ではダライラマは49日間以内に地上のどこかに生まれ変わると信じられている

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

瞑想のやり方とは?

座禅のやり方とは? 座禅の考え方

輪廻転生とは? 輪廻転生の本当の意味とは?
前世とは?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−