,

前世とは?

前世とは?

前世(ぜんせ)とは、ある人生を起点として、それより前の人生のことを指す
転生を認める世界観ならば、必然的に内包する概念である

人の転生が何度も繰り返されているということを認めるならば、全ての人は皆、ひとつではなく多数の前世を持っているということになる
ウィキより

人は死んでも死なない
人は生まれ変わる

という考え方があります
輪廻転生です


転生する前の生のことを前世、いまを今生、死んだあとの次の人生を来世と呼びます
前世などあるはずがない、と思うのが当然です
前世があると証明できないからです

しかし、前世を記憶するこどもがいる、という事例をナント2300も調べた人がいます
イアン・スティーヴンソンです

主として2歳から5歳までの間に「前世の記憶をよみがえらせた」子供とその関係者を研究しました

この本は、この世界に人たちにはとくに有名な本です
参考図書:前世を記憶する子供たち 

私は0月0日にAという場所で死んだ、その近くには00というタバコ屋がある
ということを子どもが自信を持っていうのです

「そんな訳がない!」と思っても、調べてみると確かにある
という事例を2000件以上集めたものです

他にももちろん、ダライラマ14世は自分の前世はダライラマだったといってダライラマ14世になったわけです
ダライラマの前世はダライラマ、だから今世もダライラマということです

我々が前世を信じないといっても、世界中で有名なダライラマが前世の伝道者であるということも事実なのです


輪廻転生、前世に関わる人たち

イアン・スティーヴンソン「生まれ変わり現象」の研究者 前世の記憶を持つとされる子どもたちの事例を2300例ほど集めている 主として2歳から5歳までの間に「前世の記憶をよみがえらせた」子供とその関係者が研究対象 参考図書:前世を記憶する子供たち

アメリカ合衆国の精神科医、ブライアン・L・ワイス博士 催眠療法中に「前世記憶」を発見 "Life Between Life" 前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)
トロント大学医学部のジョエル・ホイットンは、退行催眠により前世の記憶を聞きだし、輪廻転生の研究を行った

スウェーデンボルグ 霊界を見て来たと言う多くの著書で有名、大英博物館に保管される
エドガー・ケイシー リーディングと呼ばれる催眠状態における口述が1万4千件ある、人生、輪廻転生、医師でもないのにリーディングによって病気を治療した「20世紀最大の奇跡の人」と呼ばれる

アカシックレコードと呼ばれる宇宙の図書館から情報を読む 
ケイシー・リーディングの功績は、輪廻転生の事実ならびに、それを支配するカルマの法則(因果律)の存在を明らかにしたこと

ダライラマ14世、チベット仏教ではダライラマは49日間以内に地上のどこかに生まれ変わると信じられている



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

瞑想のやり方とは?

座禅のやり方とは? 座禅の考え方

輪廻転生とは? 輪廻転生の本当の意味とは?
前世とは?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−