,

座禅のやり方とは? 座禅の考え方

座禅

坐禅(ざぜん)とは、仏教で姿勢を正して坐った状態で精神統一を行う、禅の基本的な修行法
座禅と瞑想は別のものとされるが、座禅をしている状態が瞑想の状態となっているという考え方もある

座禅の考え方

坐禅の持つ意味や目的は、臨済宗と曹洞宗では異なる
道元の唱える曹洞宗では何かの目的のための手段として坐るのではなく、坐禅そのものが目的とする、ただひたすら坐ることに打ち込む只管打座(しかんたざ)


座禅のやり方

座禅の基本 調身、調息、調心 姿勢と、呼吸と、心をととのえる

合掌(がっしょう) 相手に尊敬の念をあらわす作法
座禅の足の組み方(結跏趺坐(けっかふざ) 両足を組む坐り方 右の足を左の股の上に深くのせ、次に左の足を右の股の上にのせる

座禅の手の組み方(法界定印・ほっかいじょういん)右手を左の足の上におき、右手の指の上に左の指が重なるように、左の手をのせて両手の親指を自然に合わせる
座禅の上体の姿勢 背筋をのばし、あごをひき、両肩の力をぬく

座禅をする時は、舌先はかるく上あごの歯の付け根につけて口を閉じる
座禅での目は、半眼、開かず閉じず細めに開く、視線はおよそ1メートル前方、45度下に落とす

日本での坐禅は、宗教・宗派とは無関係に精神鍛錬、修行体験とすることが多い

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

瞑想のやり方とは?

座禅のやり方とは? 座禅の考え方

輪廻転生とは? 輪廻転生の本当の意味とは?
前世とは?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−