,

差別化、一点集中、NO1 ランチェスター戦略のポイント

■差別化、一点集中、NO1

■生き残るためには差別化が必須


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ランチェスター戦略のポイントをわかりやすく3つだけ、にするとしたら

【差別化、一点集中、NO1(ナンバーワン)】


なぜ差別化をするのか? どう差別化をするのか? 一点集中のコツはなにか?

などについて、これからわかりやすくお伝えします。


NO1は強者。自社がNO1でないなら、弱者です。

そして、弱者は戦い方を工夫しなければ負けます。


だから、負けないための工夫をする必要がある。

負けないコツを知っておいた方が良い。そのコツがこの3つ。


弱者は【差別化】して、【一点集中】して、【No.1!】

シンプルです。

 

■差別化、一点集中、NO1について

 

差別化  =「質」

一点集中 =「量」

NO1   =「目標」です。


まず、ナンバーワンになることを目標とする。

そのための手段が差別化であり一点集中。


差別化とは「質」の視点であり、一点集中とは「量」の視点。

この「質」と「量」のかけ算により、ナンバーワンを作り上げる、と覚えてください。


ランチェスター戦略の究極の目標はナンバーワンになること。

ある競合局面でナンバーワンになれば強者となり生き残れる。

ブランドができ、高収益になる。だから、ナンバーワンになることを目標にするのです。

 

■生き残るためには差別化が必須

 

なぜ、差別化が必要なのか? 

その理由は、「お客様に選んでもらうため」です。


ビジネスでは、自社が選ばれなければ生き残れません。

自社が選ばれるためには、お客様に提供した価値を認めてもらうことです。


自分だけがいいと思っている、独りよがりな差別化では、お客様に選ばれないのです。

差別化をする場合、自分の視点ではなく、顧客の視点で考えることが重要です。


一人称ではなく、二人称で考えること。

だから、お客様の視点から、自社商品が他社より秀でたもの、差別化されたものであることです。


人は誰でも独りよがりになりがちです。

自分の商品を売る時には ここがいい、あれがいいと言いたくなる。


でも、あなたがお客様になったときのことを考えてみてください。

お客様であるあなたには選択の自由があります。


何を選んでもいい。だから、買わない自由がある。

たとえば、スーパーでお菓子を選ぶときには誰にも遠慮せずに、勝手に選びます。


そのとき、いつも買うチョコの違う味が新発売だったら、つい買ってしまう。

なぜか? 


それはいつもと違う上に、他と違うからです。

差別化されているからです。


だから、自分が作る側の時も、買う側の立場に立って、他と違うことを意識するといいのです。

それが差別化の本質です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


差別化のコツ 3つの切り口


差別化、一点集中、NO1

 

差別化のヒント  「3つやる、やらない、違いをつくる」

 

・一点集中のヒント 狭く、深く、濃く 

 

『差別化戦略で小が大に勝てる』坂上仁志著 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー