,

差別化のヒント  3Cの視点 3つやる、やらない、違いをつくる

■差別化は3Cの視点で!

■差別化のヒント  「3つやる、やらない、違いをつくる」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■差別化は3Cの視点で!

 

3Cとは、Company(自社)、Customer(市場・顧客)、Competitor(競合)という3つの「C」。

日本語で覚えやすくするために、「私と、あなたと、恋敵」と言い換えています。


差別化をする時に、この3つの視点を忘れないことです。

Company(自社)、Customer(市場・顧客)、Competitor(競合)の視点で、


@独自性 

A顧客価値 

B競合優位性を作ることです。


@独自性とは、自社の強みを強くして、人と違う個性を出すこと。

オリジナリティ。自分の会社「らしさ」とも言えます。


A顧客価値とは、お客様にとって価値があること。

お客様の視点から差別化する。


独りよがりにならないことが大切。

マーケティングの発想です。


B競合優位性とは、競合他社より優れていること。

商品、サービス、技術などで優れ、お客様に選んでもらうこと。


ここでも改めて、独りよがりではなく、あくまでもお客様が喜ぶ価値を作る事が大切。

そして、独自性があったとしても、競合に真似されるのが当たり前。


だから、改良改善を続ける努力が必要になります


■差別化のヒント  「3つやる、やらない、違いをつくる」

 

差別化のヒントとして、

@「3つやる」 

A「3つやらない」 

B「3つ違いを作る」という考え方があります。


@「3つやる」なら、

たくさんやることがあっても重点方針として3つだけやることを決める。


例えば、社内の方針を作る場合、「3つやる」こととして


女性の就業比率を50%にする、

女性のマネージャー比率を30%にする、 

女性の結婚後の退職比率を20%以下にする、と決める。


A「3つやらない」こととして、


医療品以外やらない、 

製品寿命の短いものをやらない、

世界シェアナンバーワンになれるもの以外はやらない、


というマニーのようにやらない方針を決める。


B「3つの違いを作る」例として、

 何をどうするという2つの視点で掛け算をする。


例えば、「ランチ用のパン」に「パン好きの牛乳」と「パン好きのジャム」をセットにして提供する。

「パン好きの牛乳」とは、実際に販売されている商品で、牛乳をパン好きの人用にしたもの。

パン好きに特化した牛乳です。


他にも、男性向けの製品を 20代に絞り込む、

 販売エリアを関東だけにする、 

アフターサービスを 1年間つけるなど「3つの違いを作る」ことは可能です


@3つやる 

A3つやらない 

B3つ違いを作るという


3つのことをそれぞれ3つやることによって、

合計で9つの手が打てます(3*3=9)


 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


差別化のコツ 3つの切り口


差別化、一点集中、NO1

 

差別化のヒント  「3つやる、やらない、違いをつくる」

 

・一点集中のヒント 狭く、深く、濃く 

 

『差別化戦略で小が大に勝てる』坂上仁志著 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー