,

3現主義(三現主義)=「現場」「現物」「現実」

 

3現主義(三現主義)=「現場」「現物」「現実」

 

「現場」に足を運び、場を確認する

「現物」を手に取り、物を確認する

「現実」をこの目で見て、事実を知る

 

製造業のいい会社では徹底されていることです 

3現主義(三現主義)


会社をよくするには凡事徹底 

当たり前のことをやり続ける 

 

それは何か? 
それが3現主義(三現主義)=「現場」「現物」「現実」主義です

 

「現」という文字の意味は、「玉が見える」ことをあらわす

特に「みえる」の意味をあらわすために「現」の文字がつくられた


つまり、3現主義(三現主義)とは

「場を見る」「物を見る」「実を見る」ということ

 

3現主義(三現主義) =信じるな、疑うな、その目で確かめよ

空理空論を排除することです

 


経営学においても、品質改善、問題解決をする上で重要な視点が3現主義(三現主義)です

トヨタやホンダなどの一流企業の品質管理は3現主義(三現主義)を基本、原則としています

現場での行動基準、行動指針として3現主義(三現主義)が徹底しています

問題が起これば、机上で議論するのではなく、スグに現場に行き、現物を確認し、現実を認識する
それが問題解決、品質改善への一番の近道だということです

 

松下幸之助氏しかり、京セラの稲盛和夫氏しかり、一流の経営者は現場を大切にします

3現主義(三現主義)は日本人のDNAに染み込んでいるのかもしれません

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


中小企業の経営で大切なことが3つあります


@顧客創造

A社員との価値観の共有

B3現主義の徹底 商品品質の向上

 

製造業の場合、たいてい

B3現主義の徹底 商品品質の向上はよくできています

 

しかし、課題は

@顧客創造

A社員との価値観の共有  この二つです

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


B3現主義(三現主義)の徹底 商品品質の向上がされていても

@顧客創造

A社員との価値観の共有

に課題があるといい会社になりません

 

3現主義(三現主義)に優れ、技術が優れている会社でも

@顧客創造ができなければ企業は存続しません


3現主義(三現主義)に優れ、技術が優れている会社でも

A社員との価値観の共有ができていない会社は

ベクトルが合わずにまとまりがありません


それでも、3現主義(三現主義)=「現場」「現物」「現実」 は

仕事をするうえでの基本です

 


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


現場主義に徹する 稲盛和夫


ものづくりの原点は製造現場にあります。営業の原点はお客様との接点にあります。

何か問題が発生したとき、まず何よりもその現場に立ち戻ることが必要です。


現場を離れて机上でいくら理論や理屈をこねまわしてみても、決して問題解決にはなりません。

よく「現場は宝の山である」と言われますが、現場には問題を解くためのカギとなる生の情報が隠されています。


絶えず現場に足を運ぶことによって、問題解決の糸口はもとより、生産性や品質の向上、新規受注などにつながる思わぬヒントを見つけ出すことができるのです。これは、製造や営業にかぎらず、全ての部門に当てはまることです

 

3現主義(三現主義)

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


【 一流から学ぶ経営のヒントメール 】 無料プレゼント!


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

●東京にいるあなたへ!  千駄ヶ谷で月1回、有志の勉強会やっています

 

■ 人間力を高める【 フィロソフィ勉強会 】なら  

■ 一流の成果を出すための【 経営戦略セミナー 】なら

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

ランチェスター戦略とは何か?

経営理念とは何か?
フェイスブックがよくわからないあなたへ

5W2H 意味
PREP法
SMARTの法則 (スマートの法則)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−