,

3つのポイント ランチェスター戦略 差別化

3つのポイント ランチェスター戦略 差別化


@徹底する

A勇気をもつ

Bかけ算する

 

@3つのポイント 差別化【その1 徹底せよ】

 

差別化といってもほんのちょっとだけ変わっている、気まぐれで、というレベルではお客様は選んでくれません。自分がお客になった時に、あなただって選ばないはずです。

 

では、どうすればいいのか? それは「徹底する」ことです。誰にでもできる簡単なことを誰にも負けないほど徹底する、つまり、凡事徹底こそが差別化なのです。

 

一方、誰もできないことをやるのは専門化です。この技術では世界一、誰もマネができない特別な技術を持つイメージです。でも、我々のような凡人にはマネができないのです。

 

だから、凡人は誰にでもできるようなことだけど、自分の強みに手間をかけることです。「そんなことやっても仕方ないよ」といわれるようなこと、「こんなことやっていて大丈夫なんだろうか?」と思えることでも徹底することです。

 

例えば掃除でも、なんとなく、だらだらと、まんべんなくやるのではなく、意図をもって、時間を区切って、範囲を絞ってやると、結果が違ってくるのです。その徹底こそが差別化になるのです。

 

A3つのポイント 差別化【その2 勇気を持つ】

 

差別化の方法と書いて「勇気」はないだろ、と思われたかもしれません。


しかし、この勇気を持つことがとても大切なのです。差別化とは人がやらないことをすることです。でも、人がやらないことをするのは「怖い」のです。

 

30人が「ビール!」と同じものを頼むときに、あなた一人だけ「赤ワイン」と言い切る自信がありますか? もし大丈夫! と言い切れるなら、あなたは差別化ができる方です。


でも、多くの人がそれができないのです。たったこれだけのことでさえ、「怖い」のです。

「勇気」が必要になるのです。「えっ、俺だけ仲間はずれかよ……。一緒にしてよ」なんて言って、同じでありたがるのです。

 

人と違うことをするという行為は、ある意味簡単なのです。

しかし、人がやらないことをする孤独感、人と違うと言われる疎外感がいやなのです。


その気持ちに打ち勝つために「勇気」が必要になると言えば、わかって頂きやすいかと思います。

 

B3つのポイント 差別化【その3 差別化は掛け算】

 

差別化は掛け算でやってください。@「なにを」A「どうする」の2つの切り口で、3つは違いを作るといいのです。


例えば、@「なにを」では、製品、価格、販路、販促、サービス、エリアで6つできます。


それに対してA「どうする」で、違いを作ります。製品に00を足す、00を引く、色を変える、パッケージを変えるなどです。

 

この差別化を3つ掛け算したイメージはこうです。

製品をAとBの抱き合わせにしてパッケージを変え、価格を安くし、販路をA社からB社中心にする。


一つ目のこれはこうする、二つ目はこれをこうする、3つ目はこれをこうすると3つの違いを作ります

さらに4つ目、5つ目の違いを作ってもいいのですが、まずは3つからでいいでしょう。


こうして手間をかけることが差別化になるのです。それも自社の強みに磨きをかけることです。

手間をかけて徹底して強みを磨き続けると、それがその会社の特徴になります。


ウチの会社はこれが特徴! といえること自体が差別化になるのです。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


3つのポイント ランチェスター戦略編


3つのポイント ランチェスター戦略 一点集中 スポーツ編


3つのポイント ランチェスター戦略 差別化


3つのポイント ランチェスター戦略 一点集中


3つのポイント ランチェスター戦略 ナンバーワン


3つのポイント こころの健康編 


3つのポイント 病気にならないために 健康編


3つのポイント 名刺交換のコツ



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−