,

運動、栄養、休養 健康のための3つのポイント 


運動、栄養、休養が、健康のための3つのポイント


病気にならない、健康であるための3つのポイントは

@運動

A栄養

B休養


なんだ、当たり前じゃないか!

と思われるかもしれません


しかし、実際に

@運動

A栄養

B休養


という3つのポイントをしっかり考えて、

実際に生活している人はごくごくわずかしかいません


仕事でいい成果を出すには体調管理が必要になります

具体的には


@運動 

1日1万歩あるく、週に2日は汗をかく運動をする(脈拍100/分程度を2時間)

1日2時間以上は立つ 座る時間を短くする

A栄養 

3食を規則的に同じ時間に食べる 

毎回、10品目以上食べる 加工品を少なくする 30回噛む


「まごわやさしいよ」 =豆、ごま、わかめ、やさい、さかな、しいたけ、いも、ヨーグルト   

といった食品を食べる


B休養 

1日7時間以上寝る 23時には横になる、朝6時には起きる 疲れたら休む 昼寝をする


といった当たり前のことを実行し続けることのようです

ロジャーフェデラーは10時間寝るらしいとテニスクラブで話したら
セレナウィリアムスは12時間寝るそうだと教えてくれた人がいました


世界の一流のアスリートってよく寝るようです(笑)

知る、わかる、行う、続ける、工夫する、できる、教えるという学びの7段階にあるように

わかっていても、行うのが難しいんですよね


特に、暑いときは「よく寝る」ことが必要です
夏バテの原因は睡眠不足から来ることがよくあります


そんな時は、よく寝ること

23時には横になる


疲れていたら、21時は横になるといいです

現代の生活で、21時に横になるというと「バカじゃないの!?」と思われるかもしれません


なぜなら、一般的なビジネスマンは25時や26時に寝ている人が多いからです

26時に寝るのと、21時に寝るのでは、それだけで5時間も睡眠時間が違います


人の体も「脳」も使ったら、休養が必要です

病気やけがは、休養をとらないことから起こることが多いものです


疲れたら、よく寝ることです

1回、21時に横になってみてください


病気になるよりずっといいです


現代のわれわれは


@運動 =不足   △

A栄養 =取り過ぎ ◎

B休養 =超不足  ×


の傾向にあります


自分の生活を3つのポイントで見直してみてください

病気にならないために 


3つのポイント健康編

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


3つのポイント ランチェスター戦略編


3つのポイント ランチェスター戦略 一点集中 スポーツ編


3つのポイント ランチェスター戦略 差別化


3つのポイント ランチェスター戦略 一点集中


3つのポイント ランチェスター戦略 ナンバーワン


3つのポイント こころの健康編 


3つのポイント 病気にならないために 健康編


3つのポイント 名刺交換のコツ



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−