,

1万時間の法則

 

●1万時間の法則

 

私の著書「日本一わかりやすい会社のつくり方
でも紹介している1万時間の法則

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


何事でも、物事を始めてあるレベルまでいくには
1万時間は必要だということ

 

時間にして1万時間はこんな感じです
1日12時間働く=朝9時から夜の9時まで

週6日働く=月曜から金曜+土曜
これで 12時間*6=72時間/週

 

週72時間労働を年間52週間続ける
(365日/7日=52週あまり1日です)


72*52=3744時間 =約3500時間
これを3年続けると3500時間*3=約1万時間
(正確には3744*3=11,232時間)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

つまりポイントは
@1日8時間でなく12時間
実際は、あさ8時〜夜9時(お昼休みが1時間あるので・・・)

 

A1週間で日曜だけ休み
完全週休二日は休みすぎ

さらに、お盆や正月00の日祝日があるのでもっと休むことになる
だから、1週間で休みは1日

 

まず、これを3年やればどんな職業や役割も
だいたい一人前になるといっています

 

大丈夫!
才能ではないのです
努力の量が質を生むのです

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

量が質を生むために必要な時間が1万時間の法則です

 

はじめから質を求めてもムダです

質は量から生まれる

 

だから、1万時間という時間を何か一つのことに

一点集中して費やせばそこから質が生まれるのです

 

1時間ずつ毎日1万日=30年やるより

毎日休まず、10時間を3年=1000日やる方が効果が高いのです

 

短期集中です

キリのように鋭く一点集中してやりきるイメージです

 

1万時間の法則

わき目もふらず一点集中して3年間

がんばってみてください

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
フェイスブックがよくわからないあなたへ
経営理念とは何か?
3現主義(三現主義)

5W2H 意味
PREP法
SMARTの法則 (スマートの法則)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−