,

道徳なき経済は罪悪であり 経済なき道徳は寝言である 理念と戦略


「道徳なき経済は罪悪であり 経済なき道徳は寝言である」(二宮尊徳)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

経営は戦略がなければやっていけない
理念がなければやる資格がない

経営とは実務ですから
戦略がなければやっていけません

経営は理念がなければ犯罪まで冒すようになりますから
経営をする資格がないということです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

つまり、経営理念、フィロソフィがない経済活動は罪悪を生み出す
利益を出すためなら何をしてもいい、という考え方が生まれます

普通に考えれば、良くないことだとわかっているのです
しかし、利益を追求するためによくないことに目をつぶってしまう

そして、仕方がなかったという言い訳、自己正当化が始まります

また、経営理念、フィロソフィが大切だといっても
利益が出ずに会社が成り立たなければ始まりません

どんなにきれいな道徳を説いてみても
利益がなければ会社は倒産するのです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

従って、
論語とそろばん
経営理念と戦略

フィロソフィと数字
の両方が必要となります

「道徳なき経済は罪悪であり 経済なき道徳は寝言である」

経営理念がない社長の会社が行う経済活動はときに罪悪を作りだし
利益も出ていない社長が話す経営理念は寝言である、ということです

経営をする上ではどうしても
経営理念と戦略、数字、結果としての利益が必要になるのです

キレイごとを並べるだけでは人はついてきません
しかし、お金を持っているだけでも人はついてこない

だから、論語とそろばんの両方が必要になるわけです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「道徳なき経済は罪悪であり 経済なき道徳は寝言である」


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

経営理念とは何か?
5W2Hとは?

フェイスブックがよくわからないあなたへ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−